失敗しない育毛剤の選び方

 

育毛剤でも色々な種類の商品が売られています。ですので、どの種類の育毛剤を使用するべきか決めかねてしまうということもあるでしょう。

 

どのような成分が育毛剤に含まれているのかによって、薄毛にどのような影響を与えるのかも違ってきます。
ですから、自分の薄毛の症状に適していない育毛剤を使っても、効果が発揮されないということもあります。

 

ですので、育毛剤を購入する前に、その育毛剤にはどのような成分が含まれているのかを確認するようにすることも大切ですし、自分の薄毛と適しているかどうかを考えるようにしてください。

 

育毛剤というのは、抜け毛を抑えることを目的にしているものと、発毛を促すことを目的にしているものがあります。抜け毛を抑えることを目的にしている育毛剤の場合、DHTを作り出す還元酵素の5αーリダクターゼの働きを阻害する成分が含まれています。代表的なものとして、デュタステリドやフィナステリド、亜鉛、ノコギリヤシ、ウコンが挙げられます。

 

そして、発毛を促すことを目的にしている育毛剤の場合、血行を促進させて、多くの酸素や栄養素を毛髪に送るための成分が配合されています。栄養素や酸素を毛髪に送ることによって、毛髪の成長が促進されていくのです。

 

薄毛に悩んでいて、育毛剤を使おうと考えている場合、どちらのタイプの育毛剤を購入するべきなのでしょうか?どちらか片方の種類の育毛剤だけを使うのではなく、どちらの育毛剤も使うようにしたほうが、薄毛を改善させやすくすることが出来ます。育毛剤を2種類使うことによって、抜け毛を抑えつつ発毛をしていくことが可能になっています。

 

予算的にどちらかだけを選びたいのであれば、何を優先するのかをまずは決めるようにしましょう。とりあえず抜け毛を少なくしたいのであれば、抜け毛を抑える育毛剤を使ってもいいでしょう。

育毛シャンプーは正しく使う

シャンプーというのは普段から使っていくものですが、このシャンプーの使い方が間違ってしまっていると、育毛の妨げになってしまうどころか、頭皮環境が悪くなってしまって、薄毛が振興してしまう可能性も高くなってしまいます。ですので、適当にシャンプーで洗髪するのではなく、正しい方法でシャンプーを使っていくようにしなくてはなりません。

 

いくら薄毛を防ぐ効果が高いといわれているシャンプーや値段が高いシャンプーを使ったとしても、使い方が間違ってしまっていたら効果も期待できなくなってしまうのです。育毛シャンプーとあわせて育毛剤を使うとさらに効果的な薄毛対策が可能になります。

 

まずぬるま湯を使って、毛髪をしっかりと塗らすようにして、毛髪や頭皮についている汚れを浮かせるようにします。基本的に、お湯で流すだけでも、大体の汚れは取り除くことが出来るのです。

 

ですので、ちゃんと頭を洗い流すようにすれば、そこまでシャンプーを使う必要はないのです。薄毛にならないようにしたいのであれば、頭皮への負担を極力避けるようにしなくてはなりません。シャンプーの量が減ればそれだけ頭皮に負担をかけなくても済みますよね。

 

また、育毛シャンプーを使っていても、髪を洗っているときに爪で頭皮をゴシゴシ洗っているという人もいるのですが、これもしてはいけません。シャンプーで頭を洗うときは、頭皮をマッサージするように力を余りいれずに指の腹で洗うようにしてください。

 

また、毎日何度も髪の毛を洗ってしまっていては、皮脂がそれだけ取り除かれてしまい、薄毛を引き起こしかねません。ですから、基本的にシャンプーを使うのは1日に1回に留めるようにしましょう。

 

洗髪が終わったら、しっかりシャワーでシャンプーの成分を洗い流すようにしてください。シャンプーの成分が留まってしまっていると、かゆくなってしまったり炎症を引き起こしやすくなってしまいます。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2015 医薬品レベルの育毛剤はこれ!発毛効果最高レベル! All Rights Reserved.